読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格は変えられないが、「意識」は変えられる!

評判のいい皆さんこんにちは!

 

人間脳は誰とも境界なく、というより誰でもみんながOKだという思考を持つ脳です。「みんな」の中に区別はありません。誰とでも平和に幸せに生きていきたいと願う脳です。

しかし現実にはそううまく機能しません。というのはは虫類脳やほ乳類脳が人間脳よりも強く反応してしまうからです。は虫類脳は「本能」ほ乳類脳は「性格」です。それは変えられるものではありません。

 

部屋の中で飼っていたお座敷犬「ポチ」がある日、テレビの映像で、氷原を駆け抜けるシベリア犬を見て、「なぜ俺は部屋の中でぬくぬくと平凡に暮らしているんだ?俺もあんな風に氷原を疾走するぞ!」といって走り出すようなことはしません。お座敷犬「ポチ」はいつまでもお座敷犬のままです。性格は簡単には変わりません。

 

本能は「自動反応」するし、性格は変わらない、とすると自分のいつものパターンは変わらずに、いつも同じところで不健全になるし、あきらめるし、人と対立するし・・・一向に自分の状況は変えられません。

ではどうするか?

「意識」を変えるのです。人間脳がほ乳類脳と決定的に違うのは「意識」を持つことができるようになったということです。「意識」は何で表されているかというと「言語」です。人間は言葉で意識を表現することができるのです。

 

f:id:toriosan:20170128000647j:plain

 

「言葉」といっても音声で表すものばかりではありません。文字もそうですし、頭の中で考えることもすべて「言語」です。同じ現実を見ても意識を変え、言葉を変えれば自分を変えることができます。「あの人は短気だから嫌い」という現実は「あの人は情熱的だから好き」と変えることができるのです。

言葉を変えるだけで現実が変わり自分の未来が変わります。このチャンスを生かす手はないように感じますがいかがでしょうか?